先生のブログ

第22回卒園式

 

3月15日に、第22回卒園式が行われました。

前日からの大雨が止み、当日はきれいな青空が広がり、まるで子ども達の新しい一歩をお祝いしているようでしたよ。

今年は感染予防対策で縮小した内容となりましたが、保護者の方のご理解とご協力のお陰で無事に開催することが出来ました。

卒園式ダイジェスト版をご覧ください↓

 

 

緊張しながらも、堂々と入場する子ども達の姿に、年少組で泣いてばかりだった子が3年間でこんなにも頼もしく成長したんだなと、感動で胸が熱くなった職員です。

 

  

   

 

一人ひとり園長先生から卒園証書を受け取りました。実は…「かっこいい1年生になれる人の証書には園長先生のハンコが押されているだよ」と話をしていたので、子ども達はハンコが押されているか確かめるのをとても楽しみにしていたんですよ。しっかりとハンコが押された証書を受け取り、園長先生の目を見る眼差しからは「小学校に行っても頑張るよ」という、強い気持ちが伝わってきました。

 

            

  

最後は、育ててくれたお父さん、お母さん、沢山の思い出を作った幼稚園に「ありがとう」の気持ちを込めて♪おおきくなったよ を歌うと、目に涙を浮かべながら歌う子もいて、寂しさを感じる気持ちも大きく育ってくれたんだと感じました。

 

 

最後は、南光沢教会のまち子先生に最後のお祈りをしていただきました。今まで育ててくれた神様への感謝とこれからもそばにいて見守ってください。とみんなで心ひとつに神様にお祈りを捧げました。

 

   

最後は、担任の先生達と握手をしてさようなら・・・。涙が込み上げてくる瞬間です。

4月からは小学校へと入学する子ども達。成田中央幼稚園から巣立つ子ども達を、職員一同少し離れたところから、子ども達に心を寄せて成長を見守っていきたいと思います。

長きに渡りに温かく見守って下さった保護者の皆様にも感謝申し上げます。みんな!小学校へ元気に「いってらっしゃい!!」

 

成田中央幼稚園は、開園以来たくさんの卒園児を送り出し、今年で22年となります。卒園児総勢、1484名の子ども達が巣立っていきました。

卒園児が社会人になって活躍していたり、お母さんになってお子さんを幼稚園へ入園させて下さったり、卒園児が幼稚園教諭になって同じ机を並べたり、と長く勤めていると嬉しいニュースを聞くたびに、小さかった頃の子どもたちの姿が、目に浮かんできます。

この卒園児たちも、社会で活躍し、いつかまた胸を張って再会できることを楽しみにし、これからも地域に根差した幼稚園として幼児教育に努めてまいりたいと思います。