先生のブログ

とったどぉー!

タイトルをクリックすると画像が見れます。

先日、とても良い天気の中、収穫の秋さながらの「いもほり」を行いました。「今日はたくさん掘るぞ~!」と軍手、体操着に大きなビニール袋を持ち、園バスに乗って富ケ丘の自園の芋畑へ出発!

年長児芋ほりの様子↓(ドローンにて撮影)

年中少児芋ほりの様子↓(ドローンにて撮影)

土の中から少し顔をのぞかせている芋を見つけて子ども達は大興奮!!

さっそく順番に芋の株の割り当てを聞き、その場で芋ほり開始!

まるでもぐらのように、土をかき分け、真剣な子ども達。

「でた~!!」「あったー!!」「いた~!!」と芋畑には大きな歓声が響き渡っていましたよ。

          

 

 

 

    

収穫したお芋はまさに「お宝」。先生が「持ってあげる?」ときくと、とても重いのに「大丈夫!」と即答。

(いつもなら手伝って~と甘えるのに…笑)

年少さんも、よろめきながらも自分たちで持ち帰りましたよ。

 

さて、お家ではどんな「さつまいも料理」に変身したのでしょうか?

幼稚園では、さっそく、新しい給食室にて、調理し「ふかし芋」にて、昼食時にいただきましたよ。

この体験は幼稚園ならではの体験行事ですね。当日まで芋のお世話をして下さいました、成田中央幼稚園初代園長の川野先生ありがとうございました。

そして、食物をこうして頂けることへの感謝も忘れずにいたいものですね。